DEPENDABLE GUIDE|エラーが減り、安全性、実釣力が増す

【PLC(Protective&Long Casting)ガイドシステム】PEラインの傷みを軽減し、スムーズに遠くへ飛ばす化、実質的な高性能化

PEラインは、ほぼ伸びがなく、極めて細く、圧倒的に強い。当然、軽いプラグの飛びがいい。激流下も、深場も、苦労なく探れる。川底の状況も、水流の変化も、微細なアタリも、手に取るように分かる。ひとたび大鱒が掛かれば、その超強度のおかげで、パワー対パワーで闘える。つまりPEラインは、大鱒プラッギングに絶好のメインラインだ。
一方で、大鱒プラッギングで使用するPEラインは細い。標準直径が極めて細い。そのため、僅かな傷でも致命傷となって、いとも容易く切れてしまうことがあるのも真実。だからPEライン大鱒プラッギング専用ロッドは、この不安を、断固として排除しなくてはならない。細いPEラインを徹底して傷から守る、安心かつ万全のガイドシステムを実装しなくてはならない。

ソルトウォーターゲームをはじめ、他のルアー釣りと比較して、トラウトゲームで使用するルアーはウェイトが小さい。さらにプラグとなると、空気抵抗が大きい。したがってPEラインはキャスト時、メタルジグのキャストのように、強い勢いで一直線状に放出されることがない。つまり、スプールから緩やかに、らせん状に膨らみながら放出されていく。この状態のPEラインを小口径ガイドで強制的に絞りこめば、軽く、空気抵抗の大きいトラウト用プラグは、飛距離が著しく落ちる。同時に、ガイドとの摩擦抵抗が大きくなるから、PEラインのラインシステムは傷みやすくなる。
『ブレイドウィザード』は、“PLCガイドシステム”を搭載した。大鱒プラッギングのキャスト時におけるPEラインを、大口径ガイドから中口径ガイドでストレスなく整え、小口径ガイドに導き、スムーズに解き放つ、安心かつ万全のガイドセッティングだ。PEラインの滑りが抜群にいいから、トラウト用プラグをいっそう遠投できるようになった。PEラインを長時間使用しても傷めにくいから、大鱒を掛けてからも、ラインシステムに不安なく、がっぷり四つに組んで闘えるようになった。



【大口径バットガイドの近距離設置&最適化】エアノットを追放し、ロングリーダーで快適に攻め抜く

PEライン大鱒プラッギングの世界で、ハイプレッシャーの大鱒をも狙って獲る確実な手段として認知された、ロングリーダーシステム。キャスト前、PEラインとリーダーのノット部は、リールのスプールに巻き込まれている。そしてキャスト時には、ノット部はらせん状の軌跡を描きながら、スプールから放出されていく。その際、ノット部は重いから、遠心力が作用して振り回され、膨らみながらバットガイドに向かっていく。
ご想像のとおり、スプールからバットガイドまでの距離が遠いほど、ノット部はより大きく振り回されて、より大きく膨らむことになる。この糸暴れが激しくなるほどに、PEラインが単体で絡まり結び目となってしまうトラブル、エアノットが発生しやすくなるのだ。また、この糸暴れが激しい状態のまま釣り続けると、ノット部はバットガイドとの激しい衝突を繰り返し、その大きな摩擦の連続によって、キャストのたびに傷んでいくのだ。


『ブレイドウィザード』の“PLCガイドシステム”は、スプールから近距離にバットガイドを設置し、キャスト時のノット部が最も糸暴れする危険区間を短縮した。結果、向かい風や横風の強いコンディション下、太いリーダーを結束した際でも、糸暴れを抑え、エアノットの発生を大幅に低減させた。
加えて“PLCガイドシステム”は、バットガイドの機種に大口径ガイドを選抜して糸抜けを良くし、ノット部とバットガイドとの摩擦抵抗を軽減した。だからロングリーダーシステムを酷使しつづけても、ノット部は長時間にわたりフレッシュな状態を保持し、強度を落としにくくなった。
晴れ、雨、雪。無風、微風、強風。高水温、低水温。小型プラグ、大型プラグ。ナイロンリーダー、フロロカーボンリーダー。PEライン大鱒プラッガーがフィールドで出会うさまざまな状況を、際限なくテストし、徹底して検証し、大口径バットガイドをスプールから近距離に設置して最適解を獲得した『ブレイドウィザード』。釣るほどに、“PLCガイドシステム”は、PEラインを守り抜く実戦型のガイドセッティングだと、ご体感いただけるだろう。



【チタンフレーム・トルザイトリングガイド】投げる。誘う。闘う。その全場面に、究極性能を

『ブレイドウィザード』の“PLCガイドシステム”は、バットセクションの大口径ガイドからベリーセクションの中口径ガイドにより、PEラインをストレスなく整え、ティップセクションの小口径ガイドにスムーズに導き、快適にキャストする、理想的なガイド形状の選抜と配置を実現した。スプールから近距離に大口径バットガイドを設置することで、ライントラブルを低減し、ノット部の傷みを軽減する、実戦的な性能を実現した。そして、PEライン大鱒プラッギング専用ロッドの高性能化をさらに極めるために、究極的なパフォーマンスのガイドリングを選択した。


TORZITE(トルザイト)リング。それは滑り、軽さ、強さの全性能で、SiCリングを凌駕する究極的なガイドリング。その糸滑りの良さは、SiCリングに比べ、PEラインで約25%の摩擦抵抗を低減する。だから、軽く、空気抵抗の大きいトラウト用プラグでも、着水まで失速のしづらい、快適で思い切った遠投ができる。
さらに、SiCリングに比べ約10%も軽いから、ロッドは軽量化され、プラグの操作性がグンと良くなる。そしてファイト時に、高負荷でPEラインがリングに接触している状態では、SiCリングに比べ、その接触圧を約半分に軽減する。
つまり、摩擦熱が大幅に軽減されて、PEラインの耐久性が飛躍的に向上する。だから、ドラグ音が鳴り、スプールが幾度も逆転する、激しい長時間ファイトの最中でも、安心して大鱒と渡り合えるのだ。
PEライン大鱒プラッギング専用ロッドの高性能化を、さらに極めるガイドシステムのために。『ブレイドウィザード』の“PLCガイドシステム”には、TORZITE(トルザイト)リングしかあり得なかった、と断言できる。