「木工製品、工芸品はいらない。釣り道具として完璧かどうか」。関 武次郎が『プラウ』に求めたのは、フィールドにおけるフィッシングタックルとしての機能、絶対的な価値でした。数々の本流で、パーフェクトレインボー、ワイルドブラウン、サクラマス、サツキマスたちをランディングしてきた経験と実績。それらは情熱的なビジョンを得て『プラウ』に注がれていく。ランディングにおける機動力、安全性。タックルとしての強度、耐久力を。すべてを極限まで求めてたどり着いたのは、すみずみまで機能性で満たされた次世代ランディングネットの理想形。どの一点においても、クラフトマンのエゴや技術自慢とは無関係の、フィッシングタックルとしての本質を体現しています。「ランディングネットは、釣り道具に進化したいと願っていたのです」。北斗七星と名付けられたランディングネットの壮大な夢『プラウ』。これからの大鱒ゲームを切り拓き、時代をリードしていくあなたにふさわしいエモーショナルな存在が、新しいトロフィートラウトを申し分なくランディングする。