• 17.08.14
  • 8/9発売「鱒の森 No.41・September 2017」誌(出版社:(株)つり人社)に、
    スプリーモオーナー・植松千英の信州・遡上系大型戻りヤマメ&アマゴゲーム解説記事、
    スプリーモオーナー・熊澤大介の北海道・十勝川水系渓流のビッグレインボー釣行記掲載
  • 「鱒の森No.41」誌の36〜40ページに、
    スプリーモオーナー・植松千英の大型戻りヤマメ&アマゴ解説レポート
    「信州の遡上系。」掲載。
    水温上昇とともに本流から渓流に移動する大型渓魚たちとのゲームを、
    「信州のサクラマス釣り」と位置づけ、長年をかけて探求し、
    川に立ち続けながら体得した、膨大な情報と豊かな経験則で解説。
    ポイントの見極め方、実績と最新のタックルやメソッドなどを、
    本人の実釣・書き下ろし原稿により紹介しています。

    また、同誌112〜115ページに、
    スプリーモオーナー・熊澤大介のビッグレインボー実釣&解説レポート
    「十勝に架かる虹を追って。」掲載。
    昨年、未曾有の水害に見舞われた北海道。
    中でも被害の大きい地域の一つとなった十勝地方の今季の渓流群の、
    ロッド&ルアーをとおして触れたニジマスたちの逞しさと、近況を報告。
    同時に、最適なタックル選択の意味と実際、信頼のタクティクスなどを、
    本人の実釣・書き下ろし原稿により紹介しています。

    渓流トラウトはもとより、
    狙った一匹を追いつづけるスポーツアングラーの方々は、
    ぜひご覧ください。